忍者ブログ
Slic3rの設定についてまとめてます。Slic3rの日本語版が見当たらなかったので、使い方をまとめました。 最近はC#のメモ帳代わりになってます。

機械学習の学習日記 | 分類

スポンサーリンク
さて、機械学習の分類。

分類

▶機械学習
 ▶教師あり
  ▶識別
  ▶回帰
 ▶教師なし
  ▶モデル推定
  ▶パターンマイニング
 ▶中間的手法
  ▶データに正解付き/なしの組み合わせ(強化学習)
  ▶手法が教師あり/なしの組み合わせ(深層学習)

こんな感との事。


教師あり

データに正解情報がある。

識別

データの分類を出力

回帰

予測される数値を出力

教師なし

データに正解がない

モデル推定

データの集合全体をモデル化

パターンマイニング

データの集合の中から得られる特徴を出力

中間的手法

教師あり/なしに分類できないもの

データに正解付き/なしの組み合わせ

(強化学習)
強化学習の場合は、迷路を抜けるようなロボットに対して正解なしの状態から、幾つかの分岐で右折、左折、直進のように選択させる。個々の選択に対しては正解は分からないけど、連続した選択に対しては、ゴールした際に報酬が与えられる。試行錯誤を繰り返して最適解を導く。

手法が教師あり/なしの組み合わせ

(深層学習)
深層学習の場合は、多層ニューラルネットワークを用いた学習を行う。入力層に近いネットワークから順に教師なし学習を行って学習を積み重ねてゆく。これによって得たパラメータを初期値として全体のネットワークで教師あり学習を行う。



と、分類されているみたい。
んー?。とりあえず読み飛ばす。

あと、メモ
マイクロソフトのMachine Learningクラウドサービス
Machine Learningのブログ記事
AZURE MACHINE LEARNINGを使ってみよう

後で調べる用の検索キーワード
Azure Machine Learning
ML Studio


関連記事