忍者ブログ
Slic3rの設定についてまとめてます。Slic3rの日本語版が見当たらなかったので、使い方をまとめました。 最近はC#のメモ帳代わりになってます。

Slic3r | Retraction when tool is disabled / 複数押し出し機の退避設定

スポンサーリンク
複数押し出し機の退避設定は、Printer Settingsタブの3Dプリンター,Slic3r,設定,方法,Repetier,使い方,Printer settings,Retraction when tool is disabledExtruderを選択し、下の画面を表示します。

この画面のRetraction when tool is disabledのグループでは、次の項目の設定が可能です。
(上の画面の様にExtruderが1つの場合無効です。Extruderの数を設定する場合は、General>Capabilitiesで設定します。)

Retraction when tool is disabled : 複数押し出し機の退避設定



Lenght

複数押し出し機に於いて、押出し機が切り替わる際のフィラメントの引き込み量をmmで設定します。

入力例

5

参考

フィラメントの引き込み量をmmで設定します。

 
フィラメントを引き込まない場合、ノズル先端部に残ったフィラメントが溶けて染み出て来る場合があります。そのような場合、フィラメントを引き込んで、染み出るのを防止します。但し、引き込み過ぎると、フィラメントが押し出し機から完全に抜けてしまいそれ以降、押し出しても押出し機内で引っかかって出て来ない事があります。押出し機から抜けない量を設定する必要が有ります。1mm~5mm程度であれば抜ける問題は無いと思います。


Extra length on restart

複数押し出し機に於いて、押出し機が切り替わる際のフィラメントを押出し量を設定します。

入力例

0

参考

引き込んだ量以上に押し出す場合0より大きい値を設定します。
  
引き込みを行った場合、引き込んだ量と同じ長さ分押し出しても、フィラメントの先端が同じ位置に戻らない場合が有ります。同じ位置に戻らないと、押出しを再開し始めた部分では、フィラメントが吐出されず、綺麗に造形出来ない場合があります。そのような場合にこの設定項目を調整します。


 
 


関連記事