忍者ブログ
Slic3rの設定についてまとめてます。Slic3rの日本語版が見当たらなかったので、使い方をまとめました。 最近はC#のメモ帳代わりになってます。

バージョン情報 | Repetier-Hostで使用するSlic3rのアップデート方法 1

スポンサーリンク
Slic3rをアップデートしたいと思います。

「Repetier-Hostで使用するSlic3rのアップデート方法 1」ではアップデート方法の確認。
Repetier-Hostで使用するSlic3rのアップデート方法 2」でアップデートを行います。

私の実行環境は、Windows7 64bit で Repetier-Host から Slic3r を利用しています。

Repetier-Host のインストール時にインストールフォルダの指定をした覚えがないので、デフォルトの設定でインストールしたはずです。

アップデート前のバージョンは1.0.0で、最新の安定板は1.1.6です。
ただ、1.1.6があまり安定していないようでしたので、1.0.1にアップデートしたいと思います。

まず、Repetier-Host から Slic3r を呼び出し、[Help >Check for Updates] を実行してみましが、下のダイアログが表示されアップデート出来ませんでした。

Slic3rからアップデート出来なかったので、直接アップデートする方法を試みます。

その前に、せっかく保存したデータが消えると嫌なので、保存先を確認しておきます。

Slic3r の設定及び、構成ファイルは
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Slic3r
に保存されていました。

Repetier-Host 側の設定は
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\RepetierHost
に保存されていました。

Slic3r も Repetier-Host も保存フォルダはSlic3rのインストールフォルダとは関係なさそうなので、Slic3rの実行されているフォルダが新しいバージョンになれば良さそうです。
(設定や、保存データはそのまま残りますが、新しいバージョンで利用出来る事は保証できません。)

Slic3rのインストールフォルダを確認します。
Slic3rはRepetier-Hostのインストールフォルダ以下に入っていました。
C:\Program Files\Repetier-Host\Slic3r

このSlic3rフォルダ以下を書きかえれば良さそうです。


 
 


関連記事