忍者ブログ
Slic3rの設定についてまとめてます。Slic3rの日本語版が見当たらなかったので、使い方をまとめました。 最近はC#のメモ帳代わりになってます。

Slic3r | Skirt / スカート(予備プリント)

スポンサーリンク
スカートとブリムの設定はPrint Settingsタブの3Dプリンター,Slic3r,設定,方法,Repetier,使い方,Print settings,Skirt and brim Skirt and brimを選択し、下の画面を表示します。

3Dプリンター,Slic3r,設定,方法,Repetier,使い方,Print settings,Skirt and brim_skirt,Skirt,スカート,Loops,Distance from object,Skirt height,Minimum extrusion length

この画面のSkirtのグループでは、次の項目の設定が可能です。

Skirt : スカート(予備プリント)




Loops

スカートの周回数を設定します。
0を入力した場合、スカートは出力されません

入力例

1

参考

スカートは、造形を始める前の慣らしプリントです。
造形をスタートすると、直ぐにフィラメントが出て来ない場合が有ります。スカートを出力させて、造形時に確実にフィラメントが出るようにします。
この設定項目では、スカートの周回数を設定します。

  • Loops 1

 

  • Loops 6

 


Distance from object

スカートのオブジェクトからの距離をmmで設定します。

入力例

6

参考

大きい値を設定すると、3Dプリンタの造形範囲を超えてしまう場合があります。それ以外の場合は特に注意すべきことは無いと思います。

  • Distance from object 3



  • Distance from object 9




Skirt height

スカートの高さの層数で指定します。

入力例

1

参考

スカートの高さは通常1層で十分です。2以上に設定する必要は無いでしょう。

  • Skirt height 1



  • Skirt height 6




Minimum extrusion length

最少のスカート長さを設定します。

入力例

0

参考

スカートは、造形物の指定した位置に出力されます。造形物が小さい場合出力されるスカートの長さが短くなる場合が有ります。
スカートの長さが短くなる場合でも、ここで指定した長さ以上になります。



 
 


関連記事