忍者ブログ
Slic3rの設定についてまとめてます。Slic3rの日本語版が見当たらなかったので、使い方をまとめました。 最近はC#のメモ帳代わりになってます。

独り言 | 何が調べらてているかまとめてみた。

サイトを立ち上げて半年ぐらいですが、ちょこちょこ参考にしていただけているようです。

サイト内のアクセス = ユーザーさんが困りがちなところ と言えるんじゃなかろうかと思いサイト内ランキング作ってみました。
 
目次のページが一番人気ですが、目次等のリンク用ページを除いたページ別訪問数ランキングです。
入力方法の記事を書いているのが大体40ページから50ページぐらで、そのうちの上位15ページをリンクします。ユーザーサポートしている方の参考になりますかね。

独り言 | Open JSCAD

ブラウザ上でSTLデータを作ってみましたが(スペーサーSTL生成嵌め合い確認用)、こちらのblogでは、OpenScadでSTLを生成するスクリプトを公開していました。

わざわざ実行環境が制限されるSliverLightで、ゴリゴリとメッシュを生成しなくてもパラメトリックな入力でSTLデータを生成できることに気が付いたので、ちょっと調べてみました。
(そもそも3DCADで拘束条件?なんかを使えばできるはずなんですがそれはさておき。。)

OpenSCADはフリーソフトで、スクリプト(簡単なプログラム)で3Dモデルを作成するソフトです。
最近では、OpenJSCADというものが有るようで、こちらはWEBブラウザ上で動作するOpenSCADでした。

独り言 | Slic3rフィラメント送り量計算

Slic3rソースコードを覗く と Slic3rソースコードを覗く2 からフィラメント送り量計算についてまとめておきます。

eはフィラメント送り量

単位移動量当たりのフィラメント送り量(e/mm) =
単位移動量当たりの押出し体積(mm3/mm) * 単位体積当たりのフィラメント送り量(e/mm3)

単位体積当たりのフィラメント送り量(e/mm3) =
押出し係数 / ( π * フィラメント半径^2 )


単位移動量当たりの押出し体積(mm3/mm) =
押出し幅 * 積層厚 + ( π * ( 積層厚 / 2 )^2 ) - 積層厚^2

- 積層厚^2の部分はここ参照