忍者ブログ
Slic3rの設定についてまとめてます。Slic3rの日本語版が見当たらなかったので、使い方をまとめました。 最近はC#のメモ帳代わりになってます。

独り言 | Slic3rフィラメント送り量計算

Slic3rソースコードを覗く と Slic3rソースコードを覗く2 からフィラメント送り量計算についてまとめておきます。

eはフィラメント送り量

単位移動量当たりのフィラメント送り量(e/mm) =
単位移動量当たりの押出し体積(mm3/mm) * 単位体積当たりのフィラメント送り量(e/mm3)

単位体積当たりのフィラメント送り量(e/mm3) =
押出し係数 / ( π * フィラメント半径^2 )


単位移動量当たりの押出し体積(mm3/mm) =
押出し幅 * 積層厚 + ( π * ( 積層厚 / 2 )^2 ) - 積層厚^2

- 積層厚^2の部分はここ参照

独り言 | カスタムGコードに関して

Printer SettingsのCustom G-Codeに関しての解説は、ちょっとお休み。
ちなみに、Gコードは、[機械の数値制御で用いられるプログラムフォーマット]です。

多分Gコードをいじる人は、すでに解説なんか必要としていないでしょう。
一応 RepRap G-code リンクしておきます。

工作機械向けですが、一応JISにも既定があります。とは云っても、NC装置メーカや、機械メーカによってカスタマイズされているので、通常、NC装置メーカーと、機械メーカーが出している取説を参考にします。

独り言 | テストデータ作成1

造形用のテストデータ作成について考えてます。

6面すべて1層で積層出来る立方体の3Dデータがあれば、押出し幅の確認とか、ブリッジ造形の流量設定とかできるんじゃないか? テストデータになるんじゃないか?と思ったのが始まりです。

そもそも、6面すべて1層で造形する為の設定についての疑問。
厚さ0.1mmの壁で出来た中空の立方体データをスライスしたらどんな感じでしょう?

とりあえず確認しようとしているのは、次の様な内容です。
  1. 底面の積層数
  2. 外周壁の層数
  3. 上面の積層数
Slic3rで設定した厚み以下の壁を持つ3Dデータに対してちゃんとスライス出来るんだろうか?
Spiral vaseをoffにしても1層のみの外周壁が出来るんだろうか?

と云うのを確認したいなーと思っている所まで。そのうちやってみる。