忍者ブログ
Slic3rの設定についてまとめてます。Slic3rの日本語版が見当たらなかったので、使い方をまとめました。 最近はC#のメモ帳代わりになってます。

Slic3r | Advanced / 高度なプリント条件の設定

スポンサーリンク
高度な設定はPrint Settingsタブの Layers and perimetersを選択し、下の画面を表示します。

3Dプリンター,Slic3r,設定,方法,Repetier,使い方,Print settings,Layers and perimeters,Advanced,Randomize starting points,External perimeters first

この画面のAdvancedのグループでは、次の項目の設定が可能です。

Advanced : 高度な設定



Randomize starting points

各層毎に開始位置をずらす為の設定
各層毎に別の位置から開始する事で、造形の開始又は、終了の痕を特定の位置で残らなようにする設定です。

入力例

各層毎に開始位置をずらさない
各層毎に開始位置をずらす

参考

開始痕、又は終了痕が気になる場合、この設定項目をOn✔にすると効果が有るかもしれません。
但し、開始位置位置をずらすだけの設定なので、痕が残る場合の根本的な解決にはならないと思います。

offで使用しています。


External perimeters first

外周壁の外側から造形する設定

Offの場合、外周壁は内側から外側に向けて造形されます。
On✔の場合、外側から内側に向けて造形されます。

入力例

内側から外側に向けて造形する 
外側から内側に向けて造形する 

参考

基本的には、offにして内側から外側に造形したほうが、積層自体はうまくいくと思います。
(上に向かって広がるような形状の場合、外側から造形すると不利になる)

最終的に形状を作る部分は、外側なので、最外壁を最後に造形するのが、一般的には良いかと思うのですが、最後に最外壁を造形すると、次の開始位置までの移動の際にヒゲが発生すると、最外壁からさらに外側に向けてヒゲが発生する事があります。外側から内側に向けて造形しても、造形中のヒゲが発生は同じですが、この場合、次の層の造形で発生したヒゲを内側に閉じ込めることが出来る場合が有ります。

外側から造形すると、上手くいかないケースもありますが、On✔にする方針で使用しています。



 
 


関連記事