忍者ブログ
Slic3rの設定についてまとめてます。Slic3rの日本語版が見当たらなかったので、使い方をまとめました。 最近はC#のメモ帳代わりになってます。

Slic3r | Extruding on top of a surface / 接着面上への押出し

スポンサーリンク
接着面上への押出しの場合、問題は以下の通りです。
  1. 押出し形状はどのようになるか?
  2. 水平に押しつぶされた場合、長方形になるか?楕円形になるか?
  3. フィラメントが両端でカールし始める前に、特定のノズル径で得られる最大の押出し幅はいくつか?

Slic3rは、押出しの断面形状が半円の終わりがある長方形であると仮定します。 その押出し幅と押出す体積との関係は以下のようになります。



押出し量を減少させると何らかのポイントで、形は変化します。
下図は、半円の端を持っている最後の形です



押出し量が、より減少したならば、下図の形になります。



目標の押出し幅がノズル直径と等しいとき、長方形の形を仮定します



目標押出し幅がノズル直径より細い場合でも、同じ長方形の公式を使用しています。したがって出力される形状の予測はできません。
上の式の組み合わせは、最少距離の単位で押出す量毎に目標押出し幅を決定させるただ一つの連続関数です

 

参考

E = f( 積層厚 , 押出し幅 )をwの条件ごとにまとめると以下のようになります。

w <= d+h
   E = f( h , w ) = (w-h)*h + π*(h/2)^2

d+h > w >= d
   = f( h , w ) = d*h + π*h*(w-d)/4

w < d (この場合計算上は下式のようにしているが実際の形状は保証できない)
 = f( h , w ) = d*h





 
 


関連記事